高齢働きママの がんばる出産 ☆ がんばらない育児

 「高齢出産」だって納得できるお産に! 育児をラクに楽しく! そして、仕事にだってちゃんと復帰したい・・・           そんな体験をお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ分娩室へ

「仰向けが一番イキみやすくて早く出てくるんですよ」
と、助産師さんたちが、仰向けでの分娩をやたら勧め始めました。

たぶん、仰向けだと介助がしやすいから勧めるんだろうなぁ。。


仰向けスタイルでの分娩だと
・腰痛持ちなので出産後の腰痛リスクが怖い
・会陰裂傷が大きくなる
・フリースタイルを一生懸命学んだので、それを活かしたい

等の理由から仰向けへの抵抗感が強く
「腰が痛いのでできません!!」と必死に抵抗しました。

助産師さんたちは、どの姿勢での娩出を勧めたらいいか、
相談しあっているのも分かりました。

陣痛がさらに激しくなり、11時50分頃分娩室にベッドごと運ばれました。

聖母病院の分娩台は、脚を開いて仰向けで分娩するようにもできますが
普通のベッドのようにも使え、好きな姿勢で出産することもできるタイプ。

助産師さんとの試行錯誤の上、
陣痛中に一番ラクだった姿勢、
横向き(右肩下)&左足上げで出産することにしました


早朝から殆ど休むヒマもなく、水分補給してくれたり
腰をさすったり、会陰を押したりと、尽くしてくれたダンナ様。
最後のいきみではぎゅっと手を握ってくれました。

陣痛の波が来るたび、「う~ん!」と
それこそ大便と同じ要領でいきみます。
その度に、腰が抜けてしまうように痛むので
陣痛と陣痛の合間には、力の入っている腰とももをさすってもらいました。

いきむ都度、「異物」が膣を下がっている感じがしてきました。
これが胎児なの?
痛いというよりは「異物」感。
いきんで力を出す方が大変。
スクワット1日100回やったけど、
もっともっと足腰を鍛えておくんだったと後悔しました。
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gopositive.blog47.fc2.com/tb.php/28-5862f30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。