高齢働きママの がんばる出産 ☆ がんばらない育児

 「高齢出産」だって納得できるお産に! 育児をラクに楽しく! そして、仕事にだってちゃんと復帰したい・・・           そんな体験をお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと産まれました

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
いよいよ娩出の最終段階に。
左肩を下にした横向き、右足は一人の助産師の肩に載せ
手はダンナ(?)に握ってもらう体勢。

「異物」がいよいよ膣の出口に来ました。
これが、赤ちゃん?
ヌルヌル…スポン!という感じで赤黒いものが出てきました!
生きている!小さな、でもしっかりとした泣き声!

そのままへその緒がついた状態で胸の上で抱かせてもらいました。
(「カンガルーだっこ」)

真っ赤なしわくちゃな顔。
「よく頑張ったね。。。」
ママが赤ちゃんを迎え入れた最初の言葉でした。
そして、殆ど泣きそうな声でした。

この子が、10ヶ月間私のお腹にいたんだ・・・と感無量に。
生まれたばかりの新生児は、ふにゃふにゃで恐る恐るの抱っこでしたが。

娩出時、ずっと手を握ってくれていたと思っていたダンナ、
実は、助産師さんとすり替わって
出産シーンをビデオに収めていたということが判明。
手を握っていてくれたのがダンナと信じて疑わなかったので
少しショックでしたが
生まれてくるその瞬間のビデオは、
この子にとっても一生の宝物になるでしょう。

出生時刻12時56分。
産院に着いてから約8時間。
時間が過ぎるのが早かったです。

妊娠・出産という「登山」はようやく山頂にたどり着きました。
が、これからもっと長い、「育児」という尾根道を歩くことになります。
母親として歩く、一生続く道・・・
果たして、どんな道になっていくのかしら?
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。