高齢働きママの がんばる出産 ☆ がんばらない育児

 「高齢出産」だって納得できるお産に! 育児をラクに楽しく! そして、仕事にだってちゃんと復帰したい・・・           そんな体験をお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母乳で育てたい!

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

出産後の育児については、余り深く考えていませんでしたが
唯一、希望していたのは「母乳で育てたい!」ということ。

母乳が出るかどうかは、産後直後の過ごし方にかかっているので、
妊娠中からいろいろと勉強しました。


だれでもできる母乳育児だれでもできる母乳育児
(2000/05)
ラレーチェリーグインターナショナル、国際母乳連盟= 他

商品詳細を見る

母乳育児を推進する国際的な団体「ラ・レーチェ・リーグ」の本。
多様なケースをカバーし内容は濃いのですが
初心者の私にはちょっと難しすぎました。



おっぱいでらくらくすくすく育児―母乳の方が楽だった?!おっぱいでらくらくすくすく育児―母乳の方が楽だった?!
(2002/02)
金森 あかね、北野 寿美代 他

商品詳細を見る

母乳は最初が肝心!ということがよく分かりました。
楽な体勢での授乳方法の紹介が分かりやすかったです。



初めてママの母乳育児安心BOOK―妊娠中から卒乳まで (ベネッセ・ムック―たまひよブックス)初めてママの母乳育児安心BOOK―妊娠中から卒乳まで (ベネッセ・ムック―たまひよブックス)
(2004/01)
不明

商品詳細を見る

母乳によい食事、トラブル解消法、混合栄養の場合、離乳食、卒乳など
母乳生活についてほぼ全てが網羅されていて
一番役に立ちました。
産後の里帰りで、母乳育児経験のない実母が戸惑わないよう、
この本を事前に読んでもらいました。


このほか、「自然育児友の会」が開催している「おっぱいクラス」に参加しました。

http://shizen-ikuji.org/bi_class.html
プレママだけでなく、既に母乳育児を始めているママも参加していたので
おっぱいのあげ方を実際に見せてもらえたのが
一番良かったです。


こんなふうに色々と学んだ上での結論:
○母乳育児は産後1週間が勝負
○赤ちゃんが欲しがる都度吸わせていれば、自然とおっぱいは出る
○体重が多少減ってもミルクは極力足さない
○出来るだけママが楽な姿勢で授乳する


幸い聖母病院は母子同室で母乳育児指導に熱心だと分かり、
「これだけ準備すれば、大丈夫!!」と言いたいところですが、
そうは問屋が卸さなかったんですよね。。
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。